美顔器を使いずぎると副作用って出てしまうもの?

 

効率よく美肌を作り出してくれる美顔器ですが、効果が高いだけに副作用を心配する方も多いのではないでしょうか。

 

美顔器の使いすぎによる副作用に関しては、美顔器の種類によって違います。

 

美顔器は毎日使った方が良いものと、毎日使うと逆に肌に負担やダメージを与えてしまうものがあります。機種それぞれにメーカーが推奨する使用頻度があるので、それを守ることが美肌への一番の近道だということを覚えておきましょう。

 

美顔器の効果を得るための使い方

美顔器でもっともポピュラーなイオン導入美顔器は、イオンを中和して美容成分を浸透させる美容法なので、基本的には手で行うスキンケアと同じです。

 

つまり、大きな副作用はありませんが、使いすぎると美容成分を与えすぎて肌を甘やかして、肌がもっている力を低下させてしまいます。

 

肌にはもともとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成して肌の状態を良好に保とうとする機能があるので、使わない日を作るようにしましょう。

 

超音波美顔器は、細かい振動によって美容成分を浸透させていきます。この振動は毛穴の汚れを取る効果もありますが、振動を与えすぎると肌に負担をかけます。

 

また、毛穴の汚れは1日で詰まることはありませんから、毎日使うと必要な皮脂や脂質まで取り除いてしまい、乾燥や毛穴の開きを引き起こすこともあります。

 

超音波のHzによって使用頻度は異なりますが、週に1回から2回ぐらいの頻度が推奨されています。

 

一番注意したいのはレーザー美顔器です。

 

レーザー美顔器は特殊な波長を使って肌細胞を活性化するので、自己判断で回数や時間を増やしてはいけません。

 

家庭用に出力レベルは抑えられているものの、使いすぎると負担がかかってシミが増えたり、軽度の火傷が起こってしまうことがあります。レーザー美顔器は適切なタイミングで使用することで効果を発揮するので、使いすぎには注意しましょう。

 

このように、美顔器は使いすぎるとことで逆に美容効果が低下したり、肌に悪影響を及ぼして状態を悪化させてしまうことがあるので、取り扱い説明書をきちんと読んで正しい使い方と頻度を守りましょう。