美顔器の選び方のポイントは?

 

美顔器の選び方のポイントを紹介します。

 

 

美顔器を取り入れたケアをしたけど、どの美顔器を選べば良いのか解らないと感じている方は多いのではないでしょうか?

 

美顔器の選び方で迷っている方は、まず美顔器には様々な機能の種類があることを知っておきましょう。

 

それを知った上で自分の肌の悩みに合った美顔器を選ぶことをオススメします。

 

そこで、今回は美顔器の選び方のポイントとなる美顔器の機能の種類と、肌の悩みに合わせた美顔器の選び方について詳しくご紹介します。

 

 

美顔器の機能の種類

 

美顔器を選ぶには、まずはどのような美顔器があるか知りましょう。

 

超音波美顔器 超音波を発生させることで起きる細かい振動により様々な美肌効果を得られる機能です。美容成分をより肌に浸透させることも可能です。 細かい振動により汚れを浮かせて落としやすくするというピーリング効果もあります。
EMS(低周波)美顔器 低周波の電気を肌に流し、筋肉を強制的に動かします。普段はあまり動かさない表情筋を強制的に鍛えることでハリをアップさせたりたるみ改善・リフトアップ効果が期待できます。顔ヨガやフェイスエクササイズよりも効果が高く効率的に表情筋を鍛えられます。
ローラー美顔器 丸いボール状になったものを肌に当てて滑らせることで表情筋を刺激し、ハリのアップやたるみ改善・フェイスラインの引き締め効果を得ることができます。 ローラーの素材にゲルマニウムなど微弱な電流を発生させるものが使われている場合はより高い効果が期待できると言われています。
イオン導入美顔器 美容液などを付けて使用します。微弱な電流を発生させて美容成分をより肌に浸透させやすい状態にします。使用する美容液によって効果は異なります。美白効果の高い成分を肌に浸透させる作用が注目されています。
イオン導出美顔器 イオン導入とは逆の仕組みになっていて、肌の汚れを吸着させて汚れを取るという効果があります。ピーリング・毛穴汚れの改善に役立ちます。イオン導入美顔器の一機能として装備されるのが一般的。
光美顔器(LED・フォトフェイシャル) エステサロンなどで行われている光エステ・フォトフェイシャルといったケアに近い仕組みのケアです。美顔器ではLEDが使用されていて異なる色の光を当てることで細胞を活性化させて美肌効果を得ることができます。光の色の種類によって効果が異なり、美白効果・保湿効果・血行促進効果などが期待できます。
ウォーターピーリング美顔器 超音波の振動で水をミストに変えて、水圧で毛穴の汚れを落とす機能です。肌に負担が少ないピーリングとして注目されています。
スチーム美顔器 水をセットすることで、スチームを発生させます。高温のスチームが出るものが主流ですが、低温のスチームと高温のスチームの両方が出るタイプのものもあります。スチームを肌に当てることで毛穴を開かせたり、肌の代謝をアップさせる作用、血行促進作用などがあります。
 

美顔器の選び方【肌の悩み別】

 

肌のお悩みに合わせた美顔器の選び方を紹介します。

 

美顔器の種類には様々なものがあります。1つの機能に特化したものもあれば複数の機能が組み合わさった多機能型の美顔器もあります。

 

悩みが複数ある場合は、色々な機能が搭載されている美顔器を選ぶといいでしょう。

 

特定の悩みがあるという場合は、その悩みの改善に最も適した美顔器を選びましょう。

 

肌の悩みの中でも特によく聞かれる以下の悩みに関して、最も適した美顔器の機能をご紹介します。

 

乾燥が気になる

肌の乾燥が気になる方は「スチーム美顔器」「イオン導入美顔器」「超音波美顔器」などがおすすめです。

 

 

保湿は肌にとってとても大切です。乾燥した状態を放置しているとシワやたるみが進んでしまったり、肌のバリア機能を損ねてしまって乾燥性敏感肌になる可能性もあります。

 

直接肌に潤いを与えたいなら、スチーム美顔器が最も手っ取り早いでしょう。

 

保湿効果の高い美容成分を肌に与えたいならイオン導入美顔器超音波美顔器が効果的。

 

その他血行促進ができる高周波やローラーなどの機能も、コラーゲンの生成が促進されて、結果的には肌の水分保持力をアップさせて乾燥を防ぐ作用へとつながっていきます。

 

シミやくすみが気になる

シミやくすみが気になる方は「イオン導入美顔器」などがおすすめです。

 

 

シミやくすみは肌に蓄積されたメラニンが原因となっています。そのためメラニンを抑制するケアが必要です。

 

光美顔器はメラニンに作用して美白効果を得ることができます。また、イオン導入美顔器で美白効果のあるビタミンC誘導体などを使用すれば高い美白効果を得ることができます。

 

たるみやフェイスラインが気になる

たるみやフェイスラインが気になる方は「ローラー美顔器」「EMS美顔器」などがおすすめです。

 

 

たるみやフェイスラインには普段あまり使用しない表情筋を鍛えるケアがオススメです。

 

ローラー美顔器EMS美顔器など最も効果的にとなります。

 

毛穴の汚れ・開きが気になる

毛穴の汚れ・開きが気になる方は「スチーム美顔器」「超音波美顔器」「イオン導入美顔器」「ウォーターピーリング美顔器」などがおすすめです。

 

 

毛穴汚れが溜まったままだと、化粧水や美容液などの成分が浸透しづらくなったり肌がざらつく、黒ずみが発生して毛穴が目立つといったトラブルが起きてしまいます。

 

また、ニキビなどの原因となる細菌が毛穴に詰まった汚れをエサにして繁殖しやすくなるためニキビが出来やすい・吹き出物が出やすといったトラブルも起きがちです。

 

スチーマー美顔器は毛穴を開かせて汚れを取りやすくしてくれます。

 

超音波美顔器は振動により毛穴の汚れを浮かせて落としやすくします。また、イオン導入(イオン導出)美顔器のイオンクレンジングの毛穴のケアに効果的です。

 

さらに、毛穴の汚れをしっかりと落としたいという方にはウォーターピーリング美顔器がオススメです。

 

美顔器選びのポイント

 

お悩み別以外で美顔器を選ぶ際に注意しておきたいポイントについてご紹介します。

 

 

美顔器の相場を知っておく

美顔器にはいろいろな種類のものがあり、価格も様々です。選ぶ際には相場がどのくらいなのかも知っておくと参考になるでしょう。

 

安いものなら3,000円程度。高額なものは10万円以上と幅が広いのが美顔器の特徴です。

 

手が届きやすいのは1万〜2万程度のものですが、機能が不十分であったりシンプルなものが多いです。

 

あまり高機能なものでなくてもよい場合は2万〜3万前後を目安に選ぶといいでしょう。

 

より高機能なものを選びたいという場合は4万円以上のものが最適です。

 

4万円以上の美顔器の多くは複数の機能を搭載しています。高額でも1本で複数の機能があるのでコスパが高くなります。

 

 

ランニングコストをチェックする

美顔器は本体以外に専用の美容液などが必要な場合が有ります。

 

ランニングコストが掛かる場合があるので注意が必要です。

 

超音波美顔器はジェルが絶対に必要です。イオン導入美顔器もイオン導入が可能な美容液が必要になります。

 

その他光美顔器には機器によってカードリッジ交換が必要なものもあります。

 

以上のようにランニングコストがかかるかどうかも確認しておきましょう。

 

まとめ

 

美顔器の選び方について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

美顔器は自分に合った効果のあるものを選ぶことはもちろん、価格やランニングコストがどのくらいかかるかという点も非常に大切なポイントになります。

 

決して安いものではないので、ちゃんと効果が出るものを選びたいですよね。

 

今回ご紹介した情報を参考にしてぜひ自分にぴったりの美顔器を見つけてみて下さいね。