シミの種類とメカニズムと美顔器の関係

 

シミの種類とメカニズムはとても複雑なので、自己流のスキンケアではなかなか改善出来ません。

 

シミの種類によって、原因も症状も改善方法も異なるので、普通のスキンケアだとピンポイントでアプローチできないのですね。

 

ですが、美顔器は幅広い効果を持っているので、原因や症状が異なるシミをケアできるので、シミの改善に効果的です。

 

シミの種類とメカニズム

シミの種類は、大きく分けると老人性色素班、脂漏性角化症、そばかす、肝斑の4タイプに分けられます。

 

一般的にシミと呼ばれるもののほとんどは老人性色素班で、紫外線や摩擦などのダメージが原因です。この原因によって起こるのは炎症性色素沈着や摩擦黒皮症なども挙げられます。

 

脂漏性角化症はシミが角化して硬くなったもので、この状態になると美白化粧品では改善出来ません。そばかすは子供にもできるシミで肌質が弱いことが原因ですが、紫外線によって悪化することがあります。

 

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが原因のシミで、頬やおでこなどに左右対称にできるのが特徴です。

 

シミの種類によって原因は異なりますが、シミができるメカニズムは同じです。

 

肌は、刺激やダメージを受けると防御機能が働いて、肌を守るメラニン色素を生成する指令を出します。すると、メラニン色素の元となるチロシンが変成してチロシナーゼとなり、メラニン色素を作り出します。

 

メラニン色素は細胞を守るための傘となり、自身で刺激やダメージを受け止めるため、黒色へと変化していきますが、ターンオーバーとともに排出されるので普通ならシミにはなりません。

 

ですが、ターンオーバーが乱れると色素沈着が起こりますし、刺激を受け続けるとメラニンが過剰に作り出されてしまい肌に残るというのがシミのメカニズムです。

 

美顔器は肌細胞を活性化したり、保湿力を高めたり、美白作用がある成分を深層部まで届けたりする効果があるので、多面的にシミの原因にアプローチしていきます。

 

美顔器ならどんな種類のシミにも改善効果が期待できるので、シミに悩んでいる方は美顔器を使ったケアにトライしてみましょう。