イオン導入美顔器で美容液の効果を高める

 

イオン導入美顔器は、美容液の効果を高めるのに適した美顔器です。

 

美容液は、優れた効果を持つ保湿成分や美白成分などが凝縮された気を化粧品の一つで、有効成分を肌に補給するという役割を持っています。

 

シンプルに言うと、化粧水は水分補給、乳液は油分補給の役割で、美容液は美容成分を補給するものなので、理想の肌になるためには欠かせないアイテムです。

 

ただ、普通のスキンケアだと角質層より奥まで浸透しないので、せっかくの美容成分も真皮層まで届かず効果が出にくいという問題点があります。

 

イオン導入美顔器は、浸透を邪魔する電気膜の力を低下させる働きがあるので、美容液をしっかり浸透させて求める効果を引き出すことができるのですね。

 

美容液の効果を高めるイオン導入とは

肌の表面となる角質層はプラスイオンで、内側の顆粒層はマイナスイオンになるため、お互いが反発し合って電気の膜が出来てしまっています。

 

そのため、いくら基礎化粧品で有効成分を深層部まで届けようとしても、電気膜にはじかれてしまって角質層に留まります。

 

角質層でも有効成分は働きますが、角質層はセラミドと天然保湿因子、角質細胞で構成されているため、例えばヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が留まっても有効な働きができません。

 

美容液は他の基礎化粧品よりも高額なものが多いのは、それだけ有効成分が濃縮されて配合されているからです。

 

それなのに浸透しなければ有効成分が働かないのですから、美容液は単に使うだけではなく浸透させる必要があります。

 

イオン導入美顔器は微弱な電流を肌に流すことで、プラスイオンとマイナスイオンを中和して電気膜のバリア機能を低下させます。

 

また、有効成分をイオン化する働きがあり、より浸透力を高めてくれるので美容液が持つ効果をさらにアップさせてくれるので、セットで使うとより効果的なのですね。

 

ただし分子量が大きい成分はイオン導入美顔器には向いていないので、分子量が小さいビタミンC誘導体やプラセンタが配合されている美容液を使うのがオススメです。